2019年9月1日日曜日

シンポジウム 「女性」から考える非正規公務問題 ~会計年度任用職員制度・相談支援業務から女性の貧困まで


第85回社会運動ユニオニズム研究会
■日時:2019922日(日) 1330分から17時(開場:13時)
■会場:東洋学園大学 1301教室
東京都文京区本郷1丁目26-3
アクセスマップ https://www.tyg.jp/access/index.html
最寄り駅:本郷三丁目/水道橋/後楽園 いずれからも徒歩
■資料代: 500
■参加申込不要 当日会場に直接お越しください。

非正規公務員の増加が問題になっている。その4分の3は女性だ。
多くが年収200万円そこそこのワーキングプア水準で、DV相談をはじめとした相
談員や司書、保育士、学校給食調理員、女性関連施設職員等の公務の基幹的業務
に従事している。その事実は、これまで正面から問題化されることは少なく、女
性運動の中でも十分には焦点とされてこなかった。だが、そこからは、公務の軽
視による財政難を、女性の低賃金と不安定雇用で乗り切ろうとする行政と社会の
姿勢、女性が担うケア的公務に対する「家事ハラ」とこれによる住民の生活悪化、
その結果、招き寄せられる女性や子どもの貧困・虐待、など、さまざまな問題点
が見えてくる。

この集会では、公務非正規化の大きな転換として20204月から始まる「会計年
度任用職員制度」を前に、女性が多くを占めてきた非正規公務の実態と課題をあ
らためて浮き彫りにするとともに、公務非正規や民間委託で働く現場の声を出し
あい、住民にとっても、働き手にとっても、重要な“公務の立て直し”に向けて、
いま何が必要なのかについて考えあう場をつくっていきたい。

プログラム
◆基調講演:戒能民江(お茶の水大学名誉教授)「相談支援と非正規公務(仮題)」

◆パネルディスカッション:
コーディネーター:竹信三恵子(ジャーナリスト・NPO法人「官製ワーキングプア
研究会」理事・和光大学名誉教授)

パネリスト:上林陽治(自治総研・「官製ワーキングプア研究会」理事)
瀬山紀子(自治体非常勤職員)
山岸 薫(ハローワーク非常勤職員)
渡辺百合子(元NPO法人「げんきな図書館」代表)

主催:「女性」から考える非正規公務問題シンポジウム実行委員会
賛同:明治大学労働教育メディア研究センターほか

2019年5月14日火曜日

2019年6月15日(土)【報告会】ロサンゼルスで戦略的な労働運動を学んできました

第84回社会運動ユニオニズム研究会
+++++++++++++++++++++++++++++
【報告会】ロサンゼルスで戦略的な労働運動を学んできました

2019.06.15 14:00~17:00
@明治大学リバティタワー14階 1145教室
+++++++++++++++++++++++++++++

今年1月、ロサンゼルス教員組合(UTLA)は、30年ぶりのストライキに突入しました。
公教育を取り戻そうとする「生徒たちのためのストライキ」は地域社会を動かし、ロサンゼルス市庁舎前は、6万人を超える教員やストライキを支持する生徒・保護者たちで埋め尽くされました。
様々なルーツを持つ移民や女性たちが中心となり、Common Goodの実現を目指して資本主義と闘う、戦略的で開かれた労働運動の力。
2月にロサンゼルスを訪問し、その活動を学んだ労働運動家や労働弁護士が、ロサンゼルス労働運動の今を報告します。
 
■今回の報告会では、以下の点を中心に、ロサンゼルスの労働運動の最新状況を報告します。
 ・UTLA(ロサンゼルス教員組合)の2019年1月のストライキ
 ・SEIU(全米サービス従業員組合)が取り組む、ファストフード労働者の最低賃金15ドルキャンペーン
 ・シンク&アクトタンクによる戦略的な調査活動
 ・KIWA(コリアタウン移住労働者連合/ワーカーズセンター)の地域密着型の活動
 ・LOSH(UCLA労働安全衛生プログラム)の労働者参加型ワークショップ

■2019 LA訪問団
2019年2月1日~11日にかけて、高須裕彦さん(法政大学フェアレイバー研究所)のコーディネートにより、ロサンゼルスの改革派労働運動を学ぶ訪問企画が実施されました。
この企画には、日本の労働運動家および労働弁護士、計6名が参加しました。

+++++++++++++
【日時】 2019年6月15日(土) 14:00~17:00(開場13:30)
【会場】 明治大学駿河台キャンパス リバティタワー14階 1145教室
 https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

【参加費】無料
 ※当日参加可。資料準備の都合上、なるべく事前申し込みをお願いいたします。
 ※事前申込み: 2019LA訪問団
  Email: suga(at)tokyolaw.gr.jp  (at)を@に置き換えて送信下さい。

【共催】
2019 LA訪問団
 明治大学労働教育メディア研究センター
 法政大学フェアレイバー研究所
 Labor Now
 (特非)東京労働安全衛生センター
+++++++++++++++++++++++++++++
ここからチラシ(以下の画像と同じPDF)をダウンロードできます。


2019年4月13日土曜日

【公開講座】サプライチェーンの労働問題を考える −ユニクロから生産を打ち切られ、倒産したインドネシア・ジャバガーミンド社労働者の現在−


-->
昨年10月にインドネシアのユニクロの下請会社であったジャバ・ガーミンド(JG)社の労働者と支援団体が来日しました。JG社は、ユニクロからの生産委託が打ち切られ、2015年に倒産しました。

労働者たちは一部賃金と退職金が支払われないまま解雇されています。JG労働組合は、補償金を求め、ユニクロの社会的責任を追及し、昨年11月にはジャカルタでユニクロとの交渉が行われましたが、ユニクロは支払い責任を全面的に拒否しています。

本講座においては、今年1月と3月にインドネシア現地を訪問しJG労働者に会い、ユニクロの下請時代の出来事や現在の生活状況を聞いて来たお二人の方からご報告を受け、ユニクロなどの多国籍企業の社会的責任や日本で私たちに何ができるかを考えていきたいと思います。

ご関心あるみなさんのご参加を呼びかけます。
==========================
【公開講座】サプライチェーンの労働問題を考える
−ユニクロから生産を打ち切られ、倒産したインドネシア・ジャバガーミンド社労働者の現在−

日時:2019413日(土)1400—1700
場所:明治大学駿河台キャンパス・グローバルフロント24021教室
主催:明治大学労働教育メディア研究センター、サプライチェーンを考えるネットワーク、アジア太平洋資料センター
現地報告:
・田中滋さん(アジア太平洋資料センター事務局長)
・大野旭美さん
参加費:無料
参加申込み:資料準備の都合で、参加を希望される方は、411日までに下記連絡先までご一報下さい。
連絡先:明治大学労働教育メディア研究センター
メール:labored(at)meiji.ac.jp  (at)を半角の@に置き換えて下さい。

これまでの経緯、昨年10月のジャバガーミンド社労働者来日行動などの情報・映像は以下のサイトまで
http://www.kisc.meiji.ac.jp/~labored/activities/uniqlo.html

2018年12月4日火曜日

2019年1月27日(日)『貪欲の帝国』ドキュメンタリー映画上映会

第83回社会運動ユニオニズム研究会
+Labor Now&Future企画イベント
 2019年1月27日
ドキュメンタリー映画上映会『貪欲の帝国』

※2014年制作/韓国/92分/ホン・リギョン監督
――――――――――――――――――――――――――
日 時: 2019年1月27日(日)
    ※開場13:30/上映と解説14:00~16:30
会 場: 明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント1階グローバルホール
https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
参加費: 無料 ※事前申込み不要
解 説: 古谷杉郎さん(全国労働安全衛生センター連絡会議 事務局長)
共 催: 東京労働安全衛生センター/明治大学労働教育メディア研究センター
    法政大学フェアレイバー研究所/Labor Now
お問い合わせ: 特定非営利活動法人 東京労働安全衛生センター
        TEL 03-3683-9765(担当:天野)

――――――――――――――――――――――――――
~労働者のいのちと健康、尊厳のために、巨大企業に立ち向かう人々~

2007年、韓国・サムスン電子の半導体工場で働いていた一人の女性が白血病を発症し、亡くなった。その遺族が、労災認定を求めて声をあげた。巨大企業の責任を問う遺族や労働者たちの闘いによって、サムソン電子の工場で働き化学物質にさらされた多くの労働者たちが、白血病やリンパ腫、様々ながんを発症していたことが明ら
かになっていった―。

映画『貪欲の帝国』は、このサムスン電子・職業病問題について、韓国の独立映画集団「青い映像」が3年をかけて被害労働者と家族を取材し、製作したドキュメンタリーである。

以下の画像をクリックすればPDFをダウンロードできます。




2018年10月16日火曜日

「自由な働き方」の落とし穴〜雇用によらない働き方の現状と課題(終了)


第82回社会運動ユニオニズム研究会
日時:2018年11月10日(土)13:30から17:30
場所:明治大学駿河台キャンパス12号館10階2103教室

テーマ:「自由な働き方」の落とし穴〜雇用によらない働き方の現状と課題

主催:
法政大学フェアレイバー研究所
明治大学労働教育メディア研究センター
LaborNow

※「報告資料」をクリックすると公開用資料(PDF)がダウンロードできます。
※報告部分全体の映像記録は各報告者の「映像」をクリックすれば、それぞれ報告開始位置から映像記録が見られます(YouTubeサイトに飛びます)。下記の埋め込み映像も同じものです。
※雑誌『労働法律旬報』2019年2月上旬号にも報告部分の記録を掲載しました。

当日の報告部分の映像記録(YouTube)



報告:
1.雇用によらない働き方の現状と課題・政策動向
①雇用によらない働き方の現状と課題:高須裕彦さん(法政大学フェアレイバー研究所) 

報告資料(ファイルが重く、開くのに時間がかかります)
映像

②「雇用関係によらない働き方」をめぐる政府等の主な動向について:森崎巌さん(全労働省労働組合)
 
報告資料
2.雇用によらない働き方とは〜現場からの報告
①ウーバーイーツでの経験から:鈴木堅登さん

映像

②出版業界におけるフリーランスと相談活動を通じて見えてくるもの:広浜綾子さん(出版ネッツ) 

報告資料
映像

③フリーランスのIT技術者(SE)として働いて:河野幸恵さん 

報告資料1
報告資料2
映像

④コンビニオーナーとして働いて:吉村英二さん(コンビニ加盟店ユニオン)

参考文献:北健一『コンビニオーナーになってはいけない:便利さの裏側に隠された不都合な真実』旬報社、2018年
映像

3.海外の法制度や取り組みの紹介
①労働者保護のあり方について−海外事例を参考に:川上資人さん(東京共同法律事務所)
 
報告資料
映像

②世界の「ライドシェア」動向と労働組合の取り組み:浦田誠さん(国際運輸労連内陸運輸部長) 

報告資料1
報告資料2
映像

③ニューヨーク市での条例制定の取り組み:青野恵美子さん(フリーランス映像制作者)
 
報告資料
撮影担当だったため映像なし

4.今日の諸報告を踏まえた政策提言への補助線:北健一さん(出版労連)
 
報告資料

いま「シェリング・エコノミー」が、何ら規制のないまま広がっています。インターネットを介在し、個人や法人の遊休資産を活用して消費者に提供するという、一見聞こえの良いイメージだけが先行しています。他方、政府は副業や自営型テレワーク(在宅就労)を推奨し、フリーランスとしての働き方が、自分らしく自由で、育児や介護などと両立する働き方であるとのイメージが宣伝されています。

この間、政府や業界団体、労働組合の関係団体は、それぞれ、雇用によらない働き方の実態を調査して、政策や課題について提言しています。雇用によらない働き方は大変多様であり、そこから生じる課題も様々です。従前からあった自営や個人請負という働き方は失業や労働災害をはじめとする様々なリスクを個人に負わせる一方、発注する側の企業にとっては労働・社会保険などの企業負担を回避しつつ、実質的に雇用と同じように働き手を使ってきた一面もあり、それに対する労働組合の闘いや取り組みも続けられてきました。

そこで、本研究会では、雇用によらない働き方で働く当事者の声に耳を澄ませ、海外の動向や取り組みを踏まえながら、いかなる働き方であっても働き手が安心して働きつづけられる枠組みをつくるにはどうしたら良いか、その課題と論点、取り組みの方向を議論したいと思います。ご関心あるみなさんのご参加を呼びかけます。